横浜関内キャバクラ求人ならココ♪


横浜関内キャバクラ求人ならココ♪

無料で夜のお仕事・お店探し

スカウトやオファーメールも届いちゃう
人気キャバ嬢も多く登録している
お水の最先端ホームページ♪

↓↓↓↓↓↓
夜の仕事情報も満載
安心☆メアド非公開
お水Life

稼げるお店が集合
クラブ|キャバクラ|パブ

↑↑↑↑↑↑


★お水系 夜のお仕事・バイト★

新着キャバクラ求人情報♪
□□□□□□□□□□
未経験者、大歓迎!
時給5000円〜
週1・月1・短期もOK!
全額日払い可!

↓↓↓↓↓↓
お水Life

稼げるお店が集合
クラブ|キャバクラ|パブ

↑↑↑↑↑↑





野毛キャバクラ求人
横浜関内キャバクラ求人
横浜桜木町キャバクラ求人
横浜福富町キャバクラ求人
新横浜キャバクラ求人
川崎キャバクラ求人
川崎駅キャバクラ求人
溝の口駅キャバクラ求人
武蔵小杉駅キャバクラ求人
新百合ヶ丘駅キャバクラ求人
亀戸キャバクラ求人
秋葉原キャバクラ求人
関連テキスト
女性は、既婚男性と気軽に話をし難い、もしくはしたくないものですか?よくいくバーでの一コマです。ある夜、一人できている隣に座った20代女性と意気投合し、話が弾みました。私は、別に結婚指輪していないのですが、その女性から「彼女さんとかいないんですか?」といった質問をされ、別に隠すのも嫌なので、「妻子持ちです。」と答えたところ、態度が一転、「なんでこんな所で一人で飲んでるんですか?」とか「早く家帰って、家族大事にしないとダメじゃないですか?」といった説教モードになりました。「なんでこの小娘にここまで言われなきゃならん」、と思う程の説教モードに豹変し、その後、たまにバーで顔を合せますが、最初の意気投合が嘘のように避けられてる感もあり、隣の席になることもありましたが、どうも会話や態度に棘を感じます。。。「ああ、この前はどうも」と軽く会釈しても、「ああ、どうも。今日も飲んでるんですね(冷淡な言い方)。」といった所から始まり、マスターと話をしていて、「○○さん(その女性)は、そういうことってないの?」とマスターが話を振っても、「いや特にないですね。」とまるで話題に入ってこず、「私、帰ります。」といってささっと会計して、「じゃあ、また」とかもなく、素通りしていきます。初めて会った時は、べつに口説いているとも思われたくないので「妻子持ち」と普通に答えたまでだし、マスターに話を振られる前に、がさつにこちらから声をかけたとか、会話に割って入ったといのもなかったし、失礼な事をいった覚えもなく。。そこのバーで会う男性・女性含め、既婚者も結構いますが、皆、和気藹々と飲んでいます。その場に、その20代女性もたまにいますが、得に話に入ってこず、マスターと話をしています。そこで最初の質問なのですが、女性にとって、既婚男性とは気軽に話をする気持ちってないものなのですかね??なんとなく察する所もあります・「出会いを探しにきていて、話が盛り上がったら妻子持ちで白けた?」・「ただマスターとだけ話をしたかっただけ(でも、最初は結構楽しく話をしていた)?」・「無駄な事故(火遊び?)にあいそうな既婚男性は、避ける?」・「出会いの数やエネルギーを、無駄な所で使いたくない?」私もガス抜きに一人、嫁の許可付きでバーに行き、世知辛い世の中を生きながらも、ささやかながらそこであった人や常連さんと会話を楽しむようにしています。途中で態度が変わる女性は今回が初めてでもないですが、こういった態度の変わり方ってアリだろうか?と都度疑問に思いますし、既婚男性は気軽に女性と話もしちゃいけないものなのだろうか??とも疑問に思っています。バーの嗜みといった所で考えて、「出会いを探す」のも嗜みだと思いますが、「普通に酒と会話を楽しむ」というのも嗜みだと思います。これは補足になりますが、私の妻は、付き合いのキャバクラ、息抜きの一人飲み、他飲み会への参加は、「付き合いもあるだろうし、たまには息抜きも必要でしょ」と、家計でOKな限り容認派です。私も、別に妻が飲みに行くのも、バーに行って若い男・ダンディなおじさんと喋っていても、「ホストクラブ行きたい」と言われても(言われたことないですが)、ある程度のモラルをもって楽しみ、且つ家計的に余裕があるなら、だいたいOKです。もう一つ補足として、その出会った女性と今後仲良くしてどうこうしたい、という気持ちは微塵もありません。ただ、こちらは普通に会話を楽しみたいのに、会社ならともかく、過剰に反応されたり態度が変わったりだと、ややカチンとします。長くなってしまいましたが、男性も含め、みなさんの幅広い意見、宜しくお願いします。
この女性に限っては、既婚男性はダメなんでしょう。

彼女の豹変や応対がどうにも稚拙に思えますが、それもまだ人生経験の不足から来るものでしょう。

こうした社交場では、去るものは追わず、が鉄則です。

特別な目的や思いがあるわけでもないのなら。

あなた様の価値観を彼女に求めてもしかたがないことなのかも知れません。

そんな人もいる、仕方がない・・そう思えばいいだけの話、にしたらいいのではと思います。

あなた様のお気持ちもよくわかりますが、こうしたバーでは、個人の自由が一番大事です。

彼女の豹変は理不尽に映るかも知れませんが、それでも彼女のスタイルは尊重されなければならない所だと思います。

- mono space -